尾上千晶税理士行政書士事務所

電話番号:03-3916-3636

尾上千晶税理士行政書士事務所

電話番号:03-3916-3636
ラグジュアリー誌「プレシャス」WEB版にて相続について連載中

業務体制

当事務所は、クリニック専門の会計事務所です。
すべての業務はチーム体制により対応します。
豊富なノウハウを保有しております。

業務体制

やさしい税務会計ニュース

税務基礎講座

クライアント会計担当チーム

クリニック会計担当チーム

領収書一枚一枚を、担当者がお預かりし、こちらですべての記帳をいたします。
不明点は、逐次お聞きし、税務的にトラブルのないように、判断し整理していきます。
後日、税務署の調査が入った場合でも、問題なく回答できるように資料を積み上げてまいります。
お手間をおかけしないよう、担当いたします。

融資・相続・住宅取得等チーム

日々の会計とは違い。
融資・相続・住宅取得は、タイムリーな資金準備を求められます。
銀行やリース会社も、いくつも対応させていただいているため、先生のご希望に沿う事のできる対応をいたします。
金利も大事ですが、担保の判断も、ご相談させていただきます。
担保の要らない融資もあり、事業の内容と資金計画によっては、保証人や担保もない状態で融資を受けることも可能です。

ただし。ムリな内容の融資については、先にご相談させていただきます。
無理のある融資は、長い期間仕事をしようとしたときに、事業活動の足かせとなります。
ここが大丈夫ですか?
と、きちんと事業の構築について話をしあえる関係が、実は事業をするときには、
大事なブレーンとしての信頼関係だと思います。

医療法人化設立業務チーム

理事をだれにするのか、監事をだれにするのか。
この先の医療法人化の場合、法人の決定権について、大事なポイントとなります。
事前に医療法人化のデメリットと、メリットをお話をします。
その上で、医療法人化をされる場合には、最低でも、A4コピー用意で、厚さ2センチ近くなる申請書類を、お手間をかけることを最小限度として、対応いたします。
医療法人化は、開業するからには、通り過ぎるべき一里塚。
このラインをさらっと超えて行っていただきたいと思っております。

人事労務チーム

給与計算チーム

複雑な、残業時間計算や、有給休暇の付与の対応など、給与計算にまつわる諸計算を代行します。
医療専門のため、スタッフさんたちの状況も理解しており、普通の会社員を雇う状況とは違う事も十分承知しております。
時に、先生に対して責めるようなスタッフさん達もおりますが、きちんと計算をし、きちんと計算根拠をお話しすると、スタッフさん達も、理解してくれると思います。
お互いに言えないで、モヤモヤしている状況であるのが、トラブルの原因です。
残業代計算などは、クラウド型のソフトを使い、スタッフさんたちもいつでも確認できる状況で対応します。

有給休暇管理も、トラブルのないように毎月給与計算の中に取り込みます。
スタッフの数が多く、振込も大変であるクリニックの場合には、振込も代行します。
(こちらは、間に信託銀行のシステムを置く形にしており、当事務所がお金に触れることはありません)

未払い残業等スタッフトラブルチーム

未払い残業代等のトラブルが多いです。
原因は、分かりにくい勤務時間の集計作業にあります。
アマノなどのタイムカードの打刻システムは、集計作業をきちんとするための設定がありますが、そこをきちんと設定されていない事が原因の一つだと思います。

当事務所では、残業代の計算の集計の前に、一つ一つの勤務状況をお聞きし。
システム設定を、きちんと構築します。
過去数年(2年・3年)に、さかのぼって請求されると大きな金額となります。

金額としても大きいですが、労使間の信頼関係にひびが入ることがダメージが大きい。
そして何よりも、いままで給与計算をしていた人に対しての不満が一気に爆発することも隠れたリスクとしてあります。

この未払い残業代のトラブルは、起きてしまったことは、仕方ないとして、どういう風に落としどころを付けて、落ち着かせていくか。
そこが大事なところです。

規程等助成金チーム

日々変化する規程を、最新のバージョンで対応します。
縦割り行政の中で、省庁をまたぐ話だと、なかなか現場にはわからない事となります。
すべてのクライアントが医師のため、行政が医師を中心として行う指導なども、タイムリーな情報伝達が可能です。
トラブル事例なども早期共有できるため、早めの防御をすることも可能です。

資産成長戦略チーム

拡大業務チーム

開業・分院展開・用地交渉・M&A・など、クリニックの拡大業務にも対応します。
同時に保健所・厚生局などへの届け出もいたします。定款変更も同時進行です。

拡大の目的は、きちんと盛業することです。

ただ単に開業すること自体を目的とする仕事はいたしません。

開業の時には、マーケティングや、アピール方法打ち合わせ。
スタッフ求人・面接もご一緒します。
先生だけで面接すると、どうしても愛想のよい子を採用しがちです。
面接の時だけ愛想のよい子は、先々ワガママを言い始めます。
クリニックには、愛想のよい子も必要ですが、きちんと仕事をこなしてくれるスタッフも大切です。

分院展開・用地交渉・M&Aは、クリニックの現状に応じて求めるものが変わります。
本院の近くで、衛星的に展開したいのか。
管理医師を置いて、投資物件のように展開したいのか。
グループとしてのパワーを拡大する事を求めたいのか。

私どもは、お客様の求める状況に応じて、個別に対応します。
特に、勤務をしてくださる管理医師は、一筋縄ではいかない人も多く注意が必要です。
豊富な事例を有しておりますので、ご相談いただければ誠意をもって対応いたします。

HP直接制作チーム

HPは、作ればいいという時代から、院長の診療に対するポリシーを広告するための患者さんに対する、電子掲示板の役割へと変化しています。
当然、タイムリーな変更や、患者様への告知はもちろんのこと。
病気に対する緊急告知など、幅広く対応をする必要があります。

私どもは、HP制作については、事務所内に専属の担当者を置いております。
これは、クライアント様が以下の希望があるためです。

①思い通りに対応してくれるプライベートなHP担当が欲しい。
②でも、一人雇うほどの量ではない。
③じゃあ、尾上事務所のお客様同士で、プライベートなHP担当を共有しよう!

という考え方です。メールや電話にて、ご指示いただければ、直接私どものほうで、HPに手を入れて反映させます。

ウェブデザイナーのセンスが光る、マスコット的なイラストなども得意。
事務所内にて、先生の好きなセンスを理解できる、HP制作担当者がいるため、先生のご要望もスムーズに反映されていきます。
先生の秘書に、会計担当だけでなく、HP担当者も連なっている。そんな感覚として対応させていただいております。

緊急トラブル回避チーム

モンスターペイシェントの対応や、文書での嫌がらせや、先生に対するストーカー行為など緊急トラブルを回避するためのチームです。
初動で、大事なことは、【そもそも、このトラブルで、どれくらいヤバイ話なのか?】という困った事案ではあるものの、ヤバさのグレードを判定することだと思います。
すぐに弁護士先生へと、駆け込んだほうがいいお話なのか。
それとも、誠意をもってしばらく対応するほうが、治まるお話なのか。
その部分を、理解することが大切です。

小児科特有のモンスターペイシェントや、女医先生へのトラブル事例、ストーカー的事例など、数多くの事例を見ているため、ご相談には早期に対応できると思います。
お気軽にご相談ください。

プライベート対応業務

全くのプライベート業務にも対応します。
事業をしていると、どうしても、これはどうしたらいいのか?と不安になることも多いです。
日々、医師の方のみのご相談をお受けしている関係上、医師の方特有のお悩みも多く。
資産運用や、ご家族の受験のことなど、皆さんどういう風に対応しているの?と聞かれることも多いです。
法的な対応から、全くのプライベートなことまで、クライアント様が盛業するためには、
どんなことでも、すっきりと前向きに仕事に向かえますよう応援団の役割が
当事務所の立ち位置だと思っております。

専門士業との連携チーム

医療に詳しい弁護士・社会保険労務士・銀行・リース会社など
有能な方についていただいております。能力的には、問題なくとも
人としての相性もあるとおもいますので、ソフトな人のほうが好きとか、
何も言わず黙ってやってくれる方が好きとか。ご要望に応じて対応します。

当事務所のクライアント様については、お忙しい方という事を提携会社様はご理解いただけているので、ポイントを掴んだスムーズな対応が可能です。